【G-FACTORYスキークラブ(東京都スキー連盟No.687)】五藤伯文のオフィシャルサイト
  • HOME
  • CONTACT

「熊の湯スキー場」キャンプ四日目

2017年12月13日 ダイアリー

「熊の湯スキー場」でのKSSとの合同のキャンプ四日目になります。
今朝も冷えて朝8時で-9℃、日中でも-8.5℃と今シーズン最強寒波恐るべし!!
インナーとグローブを暖かいものに替え最初は良かったのですが、午後からは足の感覚が判らなくなってしまいました。
天気予報では大雪予報でしたが朝までに積もったのは5cm位、午後からは強く降る時もありこれからに期待したいです。

本日から参加者は2名となりました。
本日から参加の方は初滑りのこともあり、再度基本のスキーと重心の位置関係、スキーへの圧のかけ方、上半身の使い方をプルークスタンスを使いながら確認しました。
数日滑っているジュニアも再度確認することにより、以前とは違う感覚・滑りを感じることが出来、より良いポジションと身体の使い方を感じて頂けたと思います。
本日のトレーニングはGSLを行いましたが、昨日よりも視界が悪かったこと、基本トレーニングを多くしたこともあり、フリートレーニングもゲートトレーニングも一緒に滑りながら行いました。

本日初日の方は、最初バランスを崩すことが多かったのですが、斜滑降の中での前後のバランス確認トレーニングにより、足首の緊張の仕方・上半身の使い方が判り一気に滑りが良くなりました。
継続参加のジュニアは、滑り方・身体の使い方が良くなって来ているのですが、スキーの反発や走りを感じられずに違和感を感じていました。
バーン状況により以前よりも良い動きをしても同じ反発や走りを感じられないこともあるので、慌てて必要以上のことはしないことを説明し納得して頂きました。
この辺りは自然相手のスポーツの難しさなので、丁寧な説明が必要だと感じました。

寒かったのでジュニアも後半は足の感覚が判らなくなったと話していましたが、最後まで集中してトレーニングして頂きました。
この頑張りは活きると思います。目標達成のために継続して行っていきましょう。

私達はフリートレーニングが多かったので使い方までは詳しく聞けませんでしたが、堂本氏が新しいTPCタイム計測機を持ってテストしていました。

「熊の湯スキー場」キャンプ四日目「熊の湯スキー場」キャンプ四日目

「熊の湯スキー場」キャンプ三日目

2017年12月12日 ダイアリー

「熊の湯スキー場」でKSSとの合同のキャンプ三日目になります。
今朝は寒波のため冷えて-9.5℃、日中でも-8℃とこの時期の本来の「熊の湯スキー場」の気温になり、久々に手足が痛くなりました。
天気予報ではそれなりに降雪がある予報でしたが朝までに5cm~10cm、日中も降っている時間もありましたが予報よりも積もらず少し残念でした。

本日の参加者は1名でしたのでマンツーマンで行い、フリートレーニングもゲートトレーニングも一緒に滑りながら行いました。
降雪があり、雪の影響で滑走性が悪くなることが予想出来たので、本日はミドルターンとショートターンのトレーニングを行いました。
ミドルターンはポジション・身体の使い方・リズム・タイミング等、総合的に出来ていないと上手く滑ることが出来ないので、ジュニアのトレーニングとしてはとても有効だと思っています。
最初はリズムがロングターンよりも早いためにスキーへの圧が少なくスキーのたわみを作り出すことが出来ず、身体で回す等がありました。
徐々に脚の動きを多くして圧を増やすことが出来、安定して滑ることが出来るようになりました。
また、圧を増やせるとスキーの反発も多くなり、滑走スピードが速くなるので切り換えを正確に早く行う必要があり、最初はタイミングが遅れてしまうこともありましたが、身体の落とす方向をフリートレーニングで確認して良くなりました。

今シーズン初のミドルターン・ショートターンのゲートトレーニングとしてはとても良い状態だと思います。
最初は難しいかもしれませんが、ロングポールになった時に本日と同じ身体の使い方を出来るようにして頂きたいと思います。

本日12/12現在の今後のトレーニング予定
12/13(水)GSL
12/14(木)SL
12/15(金)GSL
それ以降に関しては現在未定です。判り次第案内させて頂きます。

「熊の湯スキー場」キャンプ三日目「熊の湯スキー場」キャンプ三日目「熊の湯スキー場」キャンプ三日目

「熊の湯スキー場」キャンプ二日目

2017年12月11日 ダイアリー

「熊の湯スキー場」でKSSとの合同のキャンプ二日目になります。
今朝は温度計を見ませんでしたが、昨日に比べると暖かく感じました。

今朝も素晴らしい快晴で気持ちの良い天気、多少暖かく感じたもののバーンコンディションは締まっていてとても良い状態でした。
本日の参加者は1名でしたのでマンツーマンで行い、フリートレーニングもゲートトレーニングも、私も一緒に滑りながら行いました。
そのお陰で今シーズン1~2の滑走量となり、私の感覚も少し取り戻してきたような感じです。

トレーニングは本日も、スキーに対する重心の位置、スキーの性能を引き出すための身体の使い方をフリートレーニングで確認し、その後イン側はショートポール、アウト側はロングポールのポールセットの中で試して頂きました。

本日のフリートレーニングは中斜面の馬の背コースをメインで使い、その後第三Aコースでゲートトレーニングを行わせて頂きました。
まだ今シーズンのフリートレーニングの量が少ないので、切り換えでの重心の持って行く方向にバラつきがありますが、行うことは理解して頂いているので、日に日に良くなっています。
切り換えがスムーズになると早いタイミングでの圧がより増やせ、ターン弧の深さも変え易くなるので、その辺りを今回メインで行いたいと思います。
明日もマンツーマンなので種目をどちらにするかは、天気・バーン状況を見て明日決めたいと思います。

一緒に滑っているのはとても楽しいのですが、調子に乗っていると身体が悲鳴を上げそうなので、気を付けたいと思います(^^ゞ

「熊の湯スキー場」キャンプ二日目「熊の湯スキー場」キャンプ二日目「熊の湯スキー場」キャンプ二日目

「熊の湯スキー場」キャンプ初日

2017年12月10日 ダイアリー

「熊の湯スキー場」でKSSとの合同のキャンプが始まりました。
今朝は冷え「ホテルカイワ」前でも-3℃「熊の湯スキー場」に着いた時には-10℃でした。

朝は冷えていましたが、快晴だったので徐々に気温は上がり暖かく感じるほどでしたが、バーンコンディションは締まってとても良い状態でした。
トレーニングとしてはシーズン始めなので、最初はスキーに対する重心の位置、スキーの性能を引き出すための身体の使い方をフリートレーニングで確認しながら滑って頂き、その後イン側はショートポール、アウト側はロングポールのポールセットの中で試してい頂きました。

フリートレーニングを多く行って来ている方はポールに入ってもスムーズに滑ることが出来ていますが、まだフリートレーニングの量が少ない方は、下半身でスキーへの圧をかけるよりも、上半身が行きたい方に先に動いてしまい、スキーをたわませることが出来ずに上手く曲がれない方が目に付きました。
また、切り換えで力が上に逃げてしまいタイミングが遅れやすい方もいましたので、ポールの中でも矯正をかけて滑って頂き、良いフィーリングを掴んで頂けるように行いました。

途中小休止を挟み、後半のトレーニングの開始時にもフリートレーニングでスキーと身体の位置関係、圧をかける為の動きを矯正し、その後再度ポールの中で試して頂きました。

後半の方が良くなって来た方が多いので、次滑る時には良くなった滑りからスタート出来る様、忘れに様にして下さい。

予想以上にコンディション良いです、まだまだ平日参加者少ないので上手く利用して下さい。

「熊の湯スキー場」キャンプ初日「熊の湯スキー場」キャンプ初日「熊の湯スキー場」キャンプ初日

「熊の湯スキー場」キャンプ

2017年12月08日 ダイアリー

明日より「熊の湯スキー場」にてKSSとの合同のキャンプが始まります。
G-Factoryの方はまだ少人数の日もあります。

その日のコンディションによりフリートレーニングになってしまう場合もありますが、本日よりショートポールとブラシを使ったゲートトレーニングを開始したようです。

明日12/9もSLを行い、12/10はGSLの予定です。
その後の平日の種目は現段階では確定していませんが、決まり次第アップして行きます。

まだ今シーズン滑走量があまり多くなく、フリートレーニングからと思う方も、「熊の湯スキー場」はこの時期としてはオープンしているコースが多く、スペースも広いので滑り易いと思います。

日に日にコンディションが良くなっていくと思いますので、スムーズにシーズンインするためにご利用下さい。

写真はKSSのHPから頂きました(^^ゞ

「熊の湯スキー場」キャンプ

移動プライベートレッスン

2017年12月07日 ダイアリー

今シーズン初回の移動プライベートレッスンを「丸沼高原スキー場」にて行いました。

昨シーズンより雪上で4回行い、更にレベルアップのためのトレーニングを夏場にもと言って頂き、夏場に5回「スノーヴァ溝の口」での基本トレーニングを行った成果を今回雪上で見せて頂きました。

「スノーヴァ溝の口」でのプルークスタンスを使った基本トレーニングや低速でのトレーニングにより、スキーに対する重心の位置が安定してとても良くなり、それが雪上の上でも同じ様に生かされ、スキーの性能を引き出すための身体を動きを効率よく使って滑って頂きました。

昨シーズンよりも安定感やスキーの走り・切れが飛躍的に良くなり、ご本人も昨シーズンまでとは全く違うと言って頂き、お手伝い出来ている喜びを感じています。

年内に出来ればもう一度とリクエストを頂いておりますので、予定を調整してまた違うスキー場で滑りを見せて頂ければと思っております。

写真は毎食大満足で楽しみな「くりのみてらす」さんの食事とクラブ員のKさんになります。

 

移動プライベートレッスン移動プライベートレッスン移動プライベートレッスン

素晴らしいコンディションで無事終了

2017年12月06日 ダイアリー

シーズンイン「丸沼高原スキー場」キャンプ2の三日目最終日でした。

今朝は起きた時に寒く感じました。
朝から快晴でしたが寒気が入って来ていて、「丸沼高原スキー場」の本来の寒さの洗礼を受けた感じでした。とても寒かった(^^ゞ
今回のキャンプの中で一番気温が下がっていたので、一番硬く締まったバーンコンディションの中トレーニングすることが出来ました。

本日の参加者は4名、ご参加頂きありがとうございます。
トレーニングとしては、昨日同様スキーの性能を引き出すためにスキーと重心の位置関係を特に大事にして頂き、そこからスキーへの圧をかけ、スキーの性能を使って安定したターンをして行くための身体の使い方をメインにトレーニングを行いました。

硬く締まったバーンコンディションにより、各々が行っている身体の動きによるスキーの反応を、良いも悪いも感じやすく判り易かったと思います。
何時も以上にスキーの反発や推進力がもらいやすい状態だったので、良い滑りを継続するためには上半身の使い方も大事になってきます。
本日のゲレンデコンディションはシーズンの中でもとても良いコンディションでしたので、イメージがし易かったもののその感覚や反発を追い求め過ぎると違う条件のバーンコンディションでは難しいこともありますので、そこは勘違いされない様にお願い致します。

参加頂いた皆さんがとても良い滑りをされる様になったので、次回滑りを見せて頂くのを楽しみにしています。

写真は毎食大満足で楽しみな「くりのみてらす」さんの食事と、本日の参加者になります。

素晴らしいコンディションで無事終了素晴らしいコンディションで無事終了素晴らしいコンディションで無事終了

やみつきになりそう(^^ゞ

2017年12月05日 ダイアリー

シーズンイン「丸沼高原スキー場」キャンプ2の二日目になります。

今朝も宿舎からスキー場に送迎して頂いた時に、駐車場の車が多い様に感じました。
しかしながらゲレンデに上がってみると、予想よりも空いていてバーンコンディションも良くトレーニングし易く、濃いトレーニングが出来ました。やみつきになりそうです(^^ゞ

本日の参加者は5名、直前に決まったキャンプ・平日にも関わらず多くの方にご参加頂き感謝です。
トレーニングとしては、スキーの性能を引き出すためにスキーと重心の位置関係を特に大事にして頂き、そこからスキーへの圧をかけ、スキーの性能を使って安定したターンをして行くための身体の使い方をメインにトレーニングを行いました。

無意識に曲がりたい・曲がるイメージが強くなってしまい、先行動作や重心の落としていく方向が安定しない方もいらっしゃったので、プルークスタンスやワイドスタンスを使いながら、圧をかける動きの確認やかけ方の矯正をしながら行いました。
矯正や確認に時間を割いた為、普通に滑って頂く本数は少なかったのですが、身体の使い方のチェックや矯正をかけた中での滑りは全体的にとても良くなって来ていると思います。
次回滑りを見せて頂くまで、忘れないようにして頂きたいと思います。

写真は毎食大満足で楽しみな「くりのみてらす」さんの食事と、本日の参加者になります。

やみつきになりそう(^^ゞやみつきになりそう(^^ゞやみつきになりそう(^^ゞ

平日はとても快適

2017年12月04日 ダイアリー

シーズンイン「丸沼高原スキー場」キャンプ2が午前中より始まりました。

朝宿舎からスキー場に送迎して頂いた時に、駐車場に予想よりも車が多くてビックリしました。
しかしながら滑走出来るスペースが広がっているのと、昨日同様の非常に良いバーンコンディションにより、とても快適に滑ることが出来ました。

本日の参加者は4名、お一人はサマースキー・先週の「熊の湯スキー場」キャンプにも参加頂き、参加頂く度に良くなっています。
お二人は昨シーズンの3月以来に滑りを見せて頂きましたが、シーズン始めなので曲がりたい気持ちなのか、イメージが先行してしまっているのか、先行動作の量・上半身を使い過ぎている感じがありました。
今日のトレーニングで修正出来てとても良かったと思います。
継続参加のジュニアは、本日は良い滑りの確率が増えて良い感じです。
明日からはターン弧やリズムも変えた中で確認等して行きたいと思います。

今シーズンはここ数年よりも、意識的に基本トレーニングの割合を多くしているので、そのこともあり良い滑りの方が多いのかもしれません。基本は大事ですね(*^_^*)

写真は昨晩からお世話になっており、毎食楽しみな「くりのみてらす」さんの食事と、本日の参加者になります。

平日はとても快適平日はとても快適平日はとても快適

昨日以上の賑わい(*^_^*)

2017年12月03日 ダイアリー

シーズンイン「丸沼高原スキー場」キャンプ三日目になります。

日曜日で天気予報も良かったことから、昨日以上に多くのスキーヤー・ボーダーで「丸沼高原スキー場」は賑わっていました。
朝から雲一つない快晴でしたが、放射冷却になったのか空気がキンと冷えている様に感じ、この3日間で一番良いバーンコンディションでした。
昼近くになると日なたでは暑い位でしたが、日陰に入ると一気に寒さを感じるほどでした。この様な天気・気温でも終日あまり雪質が変わらない北斜面のスキー場は凄いですね。

本日の参加者は3名でした。お一人は今シーズンからクラブ員になった方でイベント初参加のこともあり、何時もよりも説明を多くするように意識をし、基本確認・矯正のトレーニングも多く行いました。
最初の滑りよりも、重心の位置・脚の使い方・上半身の使い方等全てが良くなったと思います。
お一人は夏の「スノーヴァ」に参加頂き、小回り系の動きがとても良くなっていました。

今回は少人数で行っているので、何時も以上にレベルアップされる方が多くとても嬉しいく感じています。
この調子で明日からの後半も頑張って行きましょう(*^_^*)

写真は毎食美味しい食事を頂いています「リトルマウンテン」さんの昨晩の夕食と今朝の朝食、本日の参加者になります。

昨日以上の賑わい(*^_^*) 昨日以上の賑わい(*^_^*) 昨日以上の賑わい(*^_^*)

週末は賑わっています(*^_^*)

2017年12月02日 ダイアリー

シーズンイン「丸沼高原スキー場」キャンプ二日目になります。

週末のこともあり、朝からスキーヤー・ボーダーで「丸沼高原スキー場」は賑わっていました。
天気は朝起きて曇っていてましたが昨日より気温が低く、昨日以上に硬く締まったバーンコンディションでした。
徐々に天気が回復して昼頃からは雲一つない快晴になりましたが、気温は低いままで終日人工降雪機が稼働して徐々に滑走コースも広がっています。

本日の参加者は2名でした。何度も参加頂いている方なので、混んでいる割には効率良く滑ることが出来ました(*^_^*)
滑る本数が増えてくると自分自身でここが良くない・ここが出来ていない等感じる繊細さが増えてくるので、今回の「丸沼高原スキー場」でのフリートレーニングの間にしっかり底上げしたいと思います。

写真は毎食美味しい食事を頂いています「リトルマウンテン」さんの昨晩の夕食から、今朝の朝食、本日の参加者になります。

週末は賑わっています(*^_^*) 週末は賑わっています(*^_^*) 週末は賑わっています(*^_^*)

素晴らしいゲレンデコンディション\(^o^)/

2017年12月01日 ダイアリー

シーズンイン「丸沼高原スキー場」キャンプが午前中より始まりました。

昨晩、宿泊でお世話になっている「リトルマウンテン」に着いた時の降りだと、朝までにもっと積もっていると思ったのですが、朝起きてみるとうっすら白くなった程度で残念でした。
しかしながら気温は低く昼近くまで人工降雪機が稼働していたので、ゲレンデコンディションは硬く締まっていて最高です。

本日の参加者が1名なので一緒に滑ることが出来、私も良いコンディションを楽しませて頂きました(*^_^*)
私自身この機会にフリートレーニングの量を増やし、ベースの確認や身体の使い方を確認しながら試し、シーズンに備えたいと思います。

素晴らしいゲレンデコンディション\(^o^)/ 素晴らしいゲレンデコンディション\(^o^)/ 素晴らしいゲレンデコンディション\(^o^)/
このページの一番上へ